歩む道次第で未来は変わる イレギュラーなことにも対応できる人材が勝つ!

エンジニアソフト系業種収入ランキング

エンジニアの仕事をしている方の中で、他の業界での収入などは知らない方が多いかと思います。
そのため、転職などを考えた時、求人を見て「他の業界って、収入が高かったんだ」と驚かれる方もいるでしょう。
同じ仕事でも、収入差があるというのは不思議なものですよね。

エンジニアのソフト系業種の収入ランキングをピックアップしてみましょう。
まずは、ソフト系業種の中で一番収入設定が高いのは、プロジェクトマネージャー。
平均年収は、733万円、最高年収は750万円、最低年収は700万円となっており、かなり高額な収入設定となっています。
次は、コンサルタントやプリセールス、アナリスト。
こちらの平均年収は652万円。最高年収は、なんと1,320万円。最低年収は400万円と、最高と最低収入でかなり差があることが分かります。
そして、研究や品質管理、テクニカルマーケティングの平均年収は579万円。基盤やインフラは、575万円。通信インフラ設計や構築は、543万円となっています。
一番低い収入設定は、運用や保守、監視、テクニカルサポートとなっており平均年収477万円です。
こうして見てみると、「保守系が一番収入が低いんだ」と思われる方も多いと思います。
実はシステム開発の仕事は、平均年収512万円となっているものの、最低年収は150万円となっており、ソフト系業種の中でも一番低い最低年収と言われています。

このように、ソフト系のエンジニアでもどういった業種に携わっているかによって、かなり年収差がある様。
同じ業種でも、どういった企業に勤めているか、どのくらいの経験があるかによっても、かなり大きな差があるのが特徴といえるでしょう。
上記のことを踏まえ、今後の転職やフリーになった時、この年収ランキングは役に立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です