歩む道次第で未来は変わる イレギュラーなことにも対応できる人材が勝つ!

フリーランスがキャリアを積む上の課題とは

フリーランスとして仕事をこなすためには、いかにキャリアを積むかが課題となります。
そこで必要となるのが営業力です。
会社というバックボーン、つまり信用が無い以上は、いかに仕事を得るかが問題となるわけです。
もちろん技術力や経験値も必要ですが、それを認めてもらうための説得力が営業活動に必要となります。
まずは適切な報酬額を提示する誠実さが求められます。
フリーランスとしては、少しでも高い単価の仕事を獲得したいと思うものです。
求める成果に対しての適切な単価設定がわからないクライアントに対して、必要以上の単価を要求することは、信用獲得には結びつかないことになります。
クライアントが必要な成果を出すために行う工数と納期、それに伴う適切な単価を提示することによって、信頼を得ることができるようになるわけです。

例えば、他のフリーランスであれば、不慣れなために手間がかかりコストも増えるとします。
けれども自分ならば、高い技能を持つために工数を減らしてコストも減らすことができるとします。
この場合には、不慣れな人が提示するよりも少ない単価を提示するわけです。
おそらく同じ単価提示をしても、クライアントにはわからないかもしれません。
そこで低い単価提示をすることによって、信頼を得ることに繋がります。
一時的な損よりも、将来継続的に得られる顧客を獲得する得を選ぶということです。
キャリアはこのようにして、現在の利益よりも将来の顧客をいかに獲得するかを考えることで積み重ねることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です